トップ > 水に関する疑問 > 宅配水の放射能対策はどうなっているの?

宅配水の放射能対策はどうなっているの?

水の安全性も気になるところで、「宅配水などの放射能対策はどうなっているの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。原発事故の影響もあり、日本の水道水の安全性が崩れている部分もあります。

地域によっては、水道水から放射能物質が検出されたこともあるので、「より安全な水を使いたい」と考えたとき、宅配水が気になるところです。

さて宅配水ですが、放射能対策は各業者ともシッカリとした安全基準のもとに、独自に検査をして水を出荷しています。

特に放射方物質をはじめ、色々な不純物を取り除くことが出来る逆浸透膜(RO膜)を使ってろ過をしているお水がおすすめです。

各社のホームページをチェックすると、水をどのようにしてろ過をしているのか、放射能物質の検査結果など載っているので、気になる方は事前にチェックするようにしましょう。

ちなみにRO水は軟水なので口当たりも優しく、硬水とは違い飲みにくいと感じることもほぼありません。逆浸透膜(RO膜)を使ってろ過をすると、水に元々含まれているミネラル成分も取り除いてしまいます。

ですが、そこは各社とも独自に身体に必要なミネラル成分をバランスよく配合しているので、特に気にする必要は無いでしょう。

RO水は赤ちゃんはもちろん、アレルギー体質の方が飲んでも安心なので、より安全で安心して飲めるお水は宅配水と言ってもいいですよ。

関連記事

宅配水の放射能対策はどうなっているの?

炭酸水素イオンとは、どんなもの?

RO膜とRO水とは、何のこと?

水源によってミネラル成分は異なる

備蓄水としても選ばれています