トップ > 水に関する疑問 > 天然水ってどんな水の事を言うの?

天然水ってどんな水の事を言うの?

「美味しい水を買ってみようかな?」と思ったとき、色々なお水があるのでどれにしたらいいのか悩むこともあるかと思います。そこでまずは「天然水」のことについてお話しましょう。

天然水ですが、原水地は一箇所、ろ過や加熱殺菌、沈殿以外の処理を全く行っていない水の事を言います。水の中には、私たちの体に必要なミネラルをバランスよく配合している物もあるのですが、このような場合は天然水とは呼びません。

また、「ナチュラルウォーター」や「ナチュラルミネラルウォーター」と呼ばれているものもありますが、これも天然水です。天然水と聞くと、湧き水そのままの水のようなイメージがあるかもしれませんが、最低限必要な処理は行われています。

宅配水業者のなかには、加熱殺菌ではなく、非加熱殺菌をしているところもあります。加熱殺菌に比べると、企業側のコスト面はアップしてしまうのですが、天然水は人工的にミネラルをバランスよく配合しているお水とは違い、天然水そのものを味わうことが出来ます。

より美味しく、より自然なお水を飲みたいという方は、天然水がおすすめです。ちなみに、宅配水で天然水を取り扱っているところに、「島根宝」がありますが、こちらは非加熱殺菌処理を行っています。

世界でも認められている美味しいお水なので、気になる方はホームページをチェックしてみると良いでしょう。

関連記事

宅配水の放射能対策はどうなっているの?

炭酸水素イオンとは、どんなもの?

RO膜とRO水とは、何のこと?

水源によってミネラル成分は異なる

備蓄水としても選ばれています