トップ > 水に関する疑問 > RO膜とRO水って何のこと?

RO膜とRO水って何のこと?

水に関する疑問でよく耳にするのが、「RO膜とRO水って何のことを言っているの?」というものです。

普段の生活ではあまり馴染みのないものですが、宅配水などではよく「RO膜」と「RO水」という単語を見かけます。

「RO膜」ですが、浸透膜というフィルターのことです。宅配水などは、より美味しく、より安全に飲めるように、フィルターを使ってろ過をしているところがあるのですが、その時に使うフィルターの名前のことです。そして、そのRO膜を使ってろ過をした水の事を「RO水」と言います。

RO水の良い点は、RO膜を使ってろ過をしているので、不純物をほとんど取り除いています。なのでより安全・安心して飲むことが出来る水となっています。

限りなく純粋な水に近づけているので、本来天然水などに含まれているミネラルまで取り除いてしまうことになるのですが、その点は各宅配業者とも、必要なミネラルをバランスよく配合しています。

同じ水でも味が違っているような感じがするのは、ミネラルのバランスの違いです。配合しているミネラルなどはそれぞれ違うので、RO水を飲んでみようかな?と思ったときは、それぞれ比較をしましょう。

RO水をデザインウォーターと呼ぶこともあるようですが、人工的でなくほとんど手を加えていない天然水を飲みたいという方は、RO膜を利用したRO水ではないものを選ぶようにしましょう。

関連記事

宅配水の放射能対策はどうなっているの?

炭酸水素イオンとは、どんなもの?

RO膜とRO水とは、何のこと?

水源によってミネラル成分は異なる

備蓄水としても選ばれています